そのうち、きっと。

H18生まれの息子との生活や教育、知育参考サイトのリンク等

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

現代女性の直面する問題を意識化する

子育てしにくい社会

女って面倒くさい生き物です
男だって面倒くさい事いっぱいあると思うけど
例えば挑戦していくのが社会全般に対してだったりすると
そこでロマンを成し得る事にひとつの到達点を感じる。
何で上司の言いなりなんだ、とか
何で夢を笑いものにされなきゃいけないんだ、とか。
プライド対プライドで争って
最終的にじゃ世界で有名になれば勝ちなんだろう、って。
ビル・ゲイツとかスティーブ・ジョブスとか本気で人間じゃない気がするし。
そういう意味では目標がストレートで解りやすいと思うんです。
女性はそれを側で見て、世界で名を馳せられるように
何が力になれるか、と
毎日お好みのご飯作ったり、身の回りのお掃除してあげたり
仕事がはかどるように何でもやってあげる、ってのが
いわゆる内助の功ってやつですね

現代女性って更に面倒くさい生き物で
そういうのも解るけど、じゃ女はロマン追っちゃだめなのか?
と男女平等、男女同権の教育を受けてきた中で
生き方を突き詰めたら、じゃロマン追ってもいいんでしょ、となってて。
だから強い女がクローズアップされたりする。
女性初の大統領候補とか知事とか経営者とか
男性が何かをやったらその中身を問われるのに
女性が何かをなし得たらそれだけでニュースになってしまう
未だ現代女性に対してはそんな原始時代な世の中です。
世界でもその基準なのにそれが日本の場合更に後進的で
子供を産んだら母親が何もかも全て面倒みるべき、って常識が未だ一般的。
内助の功にだってなれるように人格改造し直せるかもしれんけど
じゃ今まで受けてきた教育はなんだったんだ、って
いきなり母親になった時点で現実が解らなくなる訳です
子供と母親を家においておくのがベストだと言うのなら
なんで男性と同じ教育なんか受けさせて
何でもできるかのように期待させんだ?
(表立って夫探しよーとは言わないもので)

だから今イクメン(育児に力を入れる男性)を盛り上げようとなってて
専業主夫は今はまだ珍しいかもしれないけど
その常識を変えていこうとする一歩もまた勇敢な姿だと感銘を受けます
実際イクメンするか否かについては夫婦間でしか解らない事なので
他人が口出す事ではないと思うんですが
私が考える育児バランスってのは
夫婦合わせて100%であればいい、と思っています。
女だから、子供を産んだから、みんな母性が完璧あるかって言ったら
人を生産する(あえて産業主義的な言い方をします)重要性をないがしろにされてたせいで
子供を産んでも、誰かが面倒見てくれればまた仕事ができる、と思っている訳です。
誰かって誰なんだ?誰かが見てれば自分(親)が満足する立派な成人になるのか?
小さい頃にちゃんとみてやれなかった後悔は絶対についてこないか?
その辺りちゃんと夫婦で話し合ってしっかり結論を出してから子供を委ねなきゃいけない。
なので子育て比率が100%の内、適正をきちんと話し合って
その各々の家庭で夫が20%だったら妻が80%でもいいし
妻が40%だったら夫が60%でもいい。もちろん50%ずつでも。
これは専業主婦であろうとなかろうと夫婦間の問題だと思います。
逆をいえば専業主婦やってても
自分の余力を感じるならとりあえず働くなり、活動を始めるなりした方がいい。
車の中に子供を置き去りにしてパチンコに走るくらいなら
夫と育児分担して預けるところをきちんと検討してさっさと働いてよ、って思う。
(その際夫の十分な理解が必要不可欠です。)

こういう話題は必ず感情的にならざるを得ない。
私だってそうです。今日は暑いが、エントリも熱い!!
子供に十分な愛情を注ぎたい気持ちは
みんな一緒だってところで繋がってるはずなのに
企業社会がなかなか重い腰をあげないから、男性の意識が変わらない。
何も変わらないのに末端の女性はメディアでいくらでも煽られる。
・・・そして解らなくなる。(虐待は絶対だめですよー。)
政府からの呼びかけでどれだけ変わるのか解らないですが
今の日本の最重要課題が経済成長だったりすると
やっぱり現代女性はまたおいてけぼりになるんではないかと危惧しております。
儲かればいいんだろ、って話だけじゃないって。声を大にして言いたい


↓度々参考にさせてもらってる明橋大二先生。
 本当に的を得ている。



↓かっこいいパパバッグ。
スポンサーサイト

 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

H18生まれの息子との生活や教育、知育参考サイトのリンク等

電気予報
幼児が遊べる&学べるサイト
幼児が英語で遊べるサイト(国外版)
パパの子育て支援&絵本
動画配信
(無料)
Disney 動画

(有料)
TOEI BB
最新記事
グーバー&ブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
あわせて読みたい
フィードメーター - そのうち、きっと。 あわせて読みたいブログパーツ
ブックマーク
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
4880位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
381位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
メインページ作りました!
ご訪問ありがとうございます。
メインページ →Gucko'sIndexes 情熱ダイナー← もどうぞよろしくお願いします。
ソーシャルブックマーカー
Share |
あとで読む
RSSリンク
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。

記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
クリック募金
プロフィール

Gucko

Author:Gucko
H18年7月生まれの息子ゆいどんと働き盛りの夫と暮らす紫外線が苦手な30代ママです。
詳細は→こちら

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
発言小町
きかんしゃトーマス
楽天
AMAZON
PR
 

Copyright ©そのうち、きっと。. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。