そのうち、きっと。

H18生まれの息子との生活や教育、知育参考サイトのリンク等

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

暑い夏休みのすごし方~図書館に行こう~(8冊/累計8冊)

読んだ絵本CM(0) TB(0)

図書館は涼しい!とにかく居心地がとてつもなく良い
夏休みに入りまして、この猛暑の中
無理やり公園に連れ出されそうになるのを阻止すべく
いろいろ考えておりましたところ
試しに図書館に行ってみたら、思いがけない発見があり
かなり得した気分でこのところ通っております。

今までゆいどんが赤ちゃんだったので居場所がなく
生活とは関係のない場所だったんですが
今は自分で好きな絵本を取ってきて読んでとせがむし
静かにしようね、と注意するとちゃんと解ってくれるので
1時間強くらいは涼んでいられます。
小さいお子さまがいるご家庭はあともうちょっとです~!!

そんな訳でこんなに絵本に興味をもってくれるなら・・・
と思い出したのが
↓アエラのこの記事
娘はハーバード 母の「千冊読破」教育

<上記リンク記事一部抜粋>
幸枝さんが重視したのは、「五感を使って親子で楽しむこと」。
(中略)
「ただ娘と一緒に遊ぶことが目的でした。
私自身が、非常に楽しかったんです」(幸枝さん)


幸枝さんのように一緒に楽しみながら絵本を読破する。
この夏休みで何冊読めるかチャレンジしてみようかと・・・。

夏休みスケジュールで更新が少なくなりますが
出来る限り読んだ本を記録できるようにしていこうと思っております。



↓という事で今回読んだ本

◎おたんじょうび おめでとう![大型本]
パット=ハッチンス (著), わたなべ しげお (翻訳)
たんじょうびにもらったもので
生活のいろんな事が自分でできるようになる話。


◎にんじんケーキをめしあがれ
(情報がなくてリンク探せませんでした。)
狼があらいぐまのマスクを被って引っ越してくる話。
怖がられるのを寂しく思っているのを知って
村の他の動物が狼のマスクを被って優しく迎え入れる。
最後の最後ににんじんケーキ。

◎うちゅうひこうしになりたいな[単行本]
バイロン・バートン (著), ふじた ちえ (翻訳)
様々な人種の宇宙飛行士がうちゅうに行って戻ってくるまで


◎ぶかぶかティッチ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) [大型本]
パット ハッチンス (著), Pat Hutchins (原著), いしい ももこ (翻訳)
兄弟でお下がりする話。成長の話。


◎ことりのうち ばばばあちゃんのおはなし (こどものとも傑作集) [大型本]
さとう わきこ (著, イラスト)
きみょうなとりの家をばばばあちゃんとみんなで作る話。
言葉のリズムやとりのユーモラスな絵がおもしろい。


◎おさるのかくれんぼ (講談社の創作絵本) [単行本]
いとう ひろし (著)
さるがみんなでかくれんぼ。「もういいかい。」「まぁだだよ。」
を掛け合いながら読みました。


◎こぶたのブルトン あきはうんどうかい [単行本]
中川 ひろたか (著), 市居 みか (イラスト)
運動会でチームで勝つ為の話。まだ3才には早いかな。
お笑いのネタっぽい感じ。


◎うちにかえったガラゴ [大型本]
島田 ゆか
ガラゴが帰ってきて風呂の準備をしていると
いろんな動物がやってきてにぎやかに家の中で過ごす話。
話よりもポップな雑貨の絵が気になった。
商品化されたら欲しかも。(椅子がかわいかった)


(8冊/累計8冊)
スポンサーサイト

 

スカパーの有料知育チャンネルがいい感じ

ディズニーチャンネルCM(0) TB(0)

スカパーと言えばディズニーチャンネルばかりなんですが
先日久しぶりにBABY TVを見たところ
何と日本語吹き替え&日本語字幕がついておりました。
・・・しばしぼーぜん
この番組、ネイティブが見てるのそのままだったから良かったのに
日本語に吹き替えしたら意味ないじゃーん!
ってでもちょっと待てよ。
こういうのってまずは親が意味解ってないといけないのかも。
そういうところでは日本語吹き替えはアリ。
(確かに見やすくはなった。
 私自身子供英語で勉強していたつもりだけど。)
後、内容的には語学番組ではなく普通の知育番組なので
日本語で見ててもそれなりに学ぶものがある。
(それは前から感じていた)
だったらセサミストリートみたいに
日本語と英語を混ぜた作りにして欲しいところだけど
そのまま翻訳→吹き替えがたぶん限界だと思う。
日本語だけ勝手にセリフ追加したり削ったりしてたら
作業が膨大になりそう&内容が変わってきそうだし。
アプローチされる幅が広くなったのは確かだと思うんで
またちょっとサイト調べてみました。

前からJPの方は使ってましたが
今回発見したのはCOMの方。
BabyTV(海外版)
JPの方はマイクを繋げて音声を入力してみたりすると
自分の声の効果音を聞きながらゲームができる、と
遊び心いっぱいなので是非お試しを!
(まだCOMの方は遊びきれてないです・・・

それとこういう形で有料チャンネルを取り上げると気になるのが
それに加入してなきゃ見れないじゃないか!というハード側の問題
このところブロードバンドで有料チャンネルを見よう!
という営業電話がよくかかってきますが
いつかアンテナ経由でなくひかり回線で見れるようになりたいところ。
ひかり契約しているご家庭では
ひかりTVチューナー機能対応テレビにセットアップするだけで
有料チャンネルが楽しめます。
(対応していないテレビの場合別にチューナーレンタルが必要みたいです)

↓ひかりカエサルのキャンペーン


そんな訳で今大注目が(ずっと注目し続けてますが・・・)
ディズニーチャンネルの知育番組ゾーン
プレイハウスディズニー!

プレイハウスディズニーとは?←リンク

ゆいどんはミッキーと共に成長してきたと言ってもいい程
ミッキー先生にいろんな事を教えてもらいました。(特に数や形)
そんなプレイハウスディズニーの目玉番組「ミッキーマウスクラブハウス」は
スカパー、ケーブル、(PCに関しては探せばいくらでも)、
テレビ東京のディズニータイムで見る事ができます。(毎週金曜日7:30~)
そして何とiモードでも見れるとのニュースが
(「プルートのボール」というエピソードが見れるらしい)

【iモード(R)】
iMenu→メニューリスト→動画/ビデオクリップ→アニメ/特撮→ディズニー・チャンネル
↑こちらからどぞ。
こうやって見れる媒体が増えていくだけで
どんどん良い番組が広がっていくのが嬉しくなってきます!

ちなみに今一番オススメのプレイハウスディズニーの番組は
あそぼうイマジネーションムーバーズ。
アイデアの嵐!を合言葉に
4人のお兄さん達がゆかいにお届けするロックンロール知育番組。
こうでもない、あーでもない、と考えて答えを見つけ出していく過程が楽しい!
日本語公式サイトがないのが残念!

my space

本国Imagination Movers公式サイト


↓「おかあさんといっしょ」の公開LIVEみたいなもの。
 子供目線なのにかっこ良すぎる!!!


 

例えばうちの場合4・・・3才まで育てて解った事【翻弄されていたなぁと感じる事】

子育てしにくい社会CM(0) TB(0)

妊娠が解った時に最初に買った雑誌は
ママの為のファッション雑誌でした
何を買っていいのか解らなかった!!
ママでもきれいでいたい、そんなイメージばっかりで
子供をもった途端におばさんっぽくなる、それは嫌だ、と。

だからおしゃれなマタニティ服、おしゃれな抱っこひも、バッグ、おもちゃ
そればっかりにしか目がいかなくて多少高くてもあまり気にならなかった。
が。しかし。
実際ご本人と対面し、そのお世話におおわらわになっていると
そんな事どうでもよくなってくる。

おされって何ですか?

そんな毎日を送っているといつの間にか1歳になり、2歳になり・・・と
ちゃんと時が経てば成長するもんで、母としても最初の外面に拘る気持ちよりも
この成長段階で何ができるかを探し始めてました
出産の時同じ病室だったママがしつけの本とか読んでて
それを横目にかなり引いてましたが
今となっては彼女の気持ちがよく解る感じです。

もちろんおしゃれも大事
磨く事が育児へのやる気に繋がったり
ママきれいね、と子供に言われる事が
モチベーションを保ったりするのに影響する場合
それは必要不可欠なのかもしれません。
でもそれも人それぞれなので
もともとおしゃれじゃない人がそうすべきだ、と思っても無理しているだけだし
無駄に浪費していただけだったのかなぁとも思うようになりました
最初は何でも勉強代。やってみなきゃ、超えてみなきゃ解らない事ばかり。
あえて言うなら
1)お買い得
2)機能的
3)かわいい、きれい

こういう要素がしっかりと備わったグッズを集めていたら
おしゃれに拘らずとも自然と個性のあるスタイルになっているのでは。
(そういった情報が欲しいよね。私的に。)
後、産後のふっくらとした体の崩れ方も
自然と女性が変化していくありのままで何も醜い訳ではない。
(行き過ぎた肥満全般は性別に関わらない。)
細くきれいでいたいのは願いでもあるけれど
私にとっては最優先ではなかった、って事で。

だからこそ、新しい概念を打ち出していく
自分らしくいられる情報を
探していかなくてはいけないんだなぁと感じる今日この頃。
まだ見つけられませんが、そういう真新しい育児サイトも
右リンク集で追加していく予定です

↓先日見つけたサイト
娘はハーバード 母の「千冊読破」教育
が良かったのでアエラを買ってみたら
この特集これが全部でした。
もっとあるのかと思って買っちゃったよ
こういう事もある・・・。


↓私が好きなハリウッド女優さんの一人
 「タイタニック」のローズ役で躍進したケイト・ウィンストレットは
 ふくよかで何が悪い!と主張する頼もしい存在。
 プライベートもひっつめ髪でオーラがない感じが
 また自然でとても共感がもてます。


kate with kid


kate dress


↓相当泣いた「タイタニック」が突然恋しくなったので・・・







↓最新号はデンゼル・ワシントンが表紙!イクメン?!


↓お値段も手ごろだし、ママバッグはショルダーもハンドもいけるのが必須!
 カラーも豊富みたいです。

 

幼稚園の個人面談

今日の出来事CM(0) TB(0)

昨日は幼稚園の個人面談がありまして
偏食の事を注意されました。。。
ただでさえ料理が苦手なのに(自分の好きなものだけちゃかちゃか作るのは早いが)
いつも二人きっりの食卓であれが嫌だこれ食べない、とか言われると
作る気もなくなるし、どうせ残されるならと取り分けるのでさえ面倒臭くなる。
最近私的にその傾向が強かったので
少し意識的にならなきゃ、と思いました
最初は食べなくてもそこに並べてて
一緒に座ってる事を毎日続けていればいい、と思いながら
がんばっていた時期もありましたが
気がつけばこんな感じです。
成果が欲しいという気持ちが叶わなくなってくると
次第にどうでもいい、となってくるのが常かな。
せっかく働きかけて頂いたのだからこの機会を無駄にせず
今朝もちょっと先生にお手紙を書いて
一緒に偏食克服を盛り上げていこう、と早速行動開始です。

いつまで続くか解りませんが・・・根性が続く限り。


↓そうなるとこういう本を読みたくなってくるもんで。。。
 子どもが野菜嫌いで何が悪い!



↓野菜キャラだったらNHKでやってる
 「やさいのようせい」が一番好きだなぁ。あまり見てないけど。。
 原田知世さんの声もいい。




GYOでは無料動画配信中!(推奨ブラウザで)
やさいのようせい 1st Season ♯1 「妖精たちの目覚め」

公式HP
やさいのようせい

 

選挙の塗り絵

教育CM(0) TB(0)

先日幼稚園からもらってきた塗り絵。
なんと選挙キャンペーンの絵でした

選挙の塗り絵

みんながもってる四角い紙を箱の中に入れてるんだよ、
と何をしているか一応説明して
「四角い形を見つけて赤い色を塗ってみよ~!
と投票用紙を意識させようとしましたが
ぜーんぜん興味がなかったようでだめでした
それにしてもこういう形で幼児期から
選挙を教えているのはちょっとびっくり。
やることやってんだなーって感心しながらも
せっかくそれを持ち帰ってくれたので
色を塗らせてみましたが
3才児はまだまだなぐりがきみたいなもんです。。。
完成度の高さを求めても空回りするだけの親は
辛抱と忍耐と。楽しむ時間を共有しているという事だけでも
貴重な時間だと思うのかも

そういえば昨日幼稚園からもらってきた
フリーマガジンの表紙の見出しは
「子供の家来になってない?」
というちょっと気になる一言。
口出しし過ぎたり、世話を焼きすぎたりするよりも
その成長過程を一緒に楽しむような
余裕をもつ気持ちが一番大切と言ってるような
まだ全部読んでないですが
毎度何気に結構収穫のある雑誌
これもきっと費用の一部なんだろうし
せっかくだから無駄にしないでちゃんと隅々まで読まねば・・・。
(食べ放題で腹いっぱい食べなきゃ気がすまない心理と似てる


次回はずーっと書きたくて書けないでいる
スカパーの知育番組が成長し続けている件について書きたい
(予定は未定ですみません・・・)
現在視聴している番組のサイトでオススメのページは
右のリンク集でもご紹介しておりますのでご参考までにどうぞ


ママのための子育て情報誌 あんふぁん
ママのためだけじゃなくてママ&パパでもいいと思うぞ。


↓CDも作ってるみたいです。



自作の塗り絵が作れるフリーソフト(フリーなので・・・
ぬり絵君(ベクターへのリンク)



↓ぬり絵君の説明



 

現代女性の直面する問題を意識化する

子育てしにくい社会CM(0) TB(0)

女って面倒くさい生き物です
男だって面倒くさい事いっぱいあると思うけど
例えば挑戦していくのが社会全般に対してだったりすると
そこでロマンを成し得る事にひとつの到達点を感じる。
何で上司の言いなりなんだ、とか
何で夢を笑いものにされなきゃいけないんだ、とか。
プライド対プライドで争って
最終的にじゃ世界で有名になれば勝ちなんだろう、って。
ビル・ゲイツとかスティーブ・ジョブスとか本気で人間じゃない気がするし。
そういう意味では目標がストレートで解りやすいと思うんです。
女性はそれを側で見て、世界で名を馳せられるように
何が力になれるか、と
毎日お好みのご飯作ったり、身の回りのお掃除してあげたり
仕事がはかどるように何でもやってあげる、ってのが
いわゆる内助の功ってやつですね

現代女性って更に面倒くさい生き物で
そういうのも解るけど、じゃ女はロマン追っちゃだめなのか?
と男女平等、男女同権の教育を受けてきた中で
生き方を突き詰めたら、じゃロマン追ってもいいんでしょ、となってて。
だから強い女がクローズアップされたりする。
女性初の大統領候補とか知事とか経営者とか
男性が何かをやったらその中身を問われるのに
女性が何かをなし得たらそれだけでニュースになってしまう
未だ現代女性に対してはそんな原始時代な世の中です。
世界でもその基準なのにそれが日本の場合更に後進的で
子供を産んだら母親が何もかも全て面倒みるべき、って常識が未だ一般的。
内助の功にだってなれるように人格改造し直せるかもしれんけど
じゃ今まで受けてきた教育はなんだったんだ、って
いきなり母親になった時点で現実が解らなくなる訳です
子供と母親を家においておくのがベストだと言うのなら
なんで男性と同じ教育なんか受けさせて
何でもできるかのように期待させんだ?
(表立って夫探しよーとは言わないもので)

だから今イクメン(育児に力を入れる男性)を盛り上げようとなってて
専業主夫は今はまだ珍しいかもしれないけど
その常識を変えていこうとする一歩もまた勇敢な姿だと感銘を受けます
実際イクメンするか否かについては夫婦間でしか解らない事なので
他人が口出す事ではないと思うんですが
私が考える育児バランスってのは
夫婦合わせて100%であればいい、と思っています。
女だから、子供を産んだから、みんな母性が完璧あるかって言ったら
人を生産する(あえて産業主義的な言い方をします)重要性をないがしろにされてたせいで
子供を産んでも、誰かが面倒見てくれればまた仕事ができる、と思っている訳です。
誰かって誰なんだ?誰かが見てれば自分(親)が満足する立派な成人になるのか?
小さい頃にちゃんとみてやれなかった後悔は絶対についてこないか?
その辺りちゃんと夫婦で話し合ってしっかり結論を出してから子供を委ねなきゃいけない。
なので子育て比率が100%の内、適正をきちんと話し合って
その各々の家庭で夫が20%だったら妻が80%でもいいし
妻が40%だったら夫が60%でもいい。もちろん50%ずつでも。
これは専業主婦であろうとなかろうと夫婦間の問題だと思います。
逆をいえば専業主婦やってても
自分の余力を感じるならとりあえず働くなり、活動を始めるなりした方がいい。
車の中に子供を置き去りにしてパチンコに走るくらいなら
夫と育児分担して預けるところをきちんと検討してさっさと働いてよ、って思う。
(その際夫の十分な理解が必要不可欠です。)

こういう話題は必ず感情的にならざるを得ない。
私だってそうです。今日は暑いが、エントリも熱い!!
子供に十分な愛情を注ぎたい気持ちは
みんな一緒だってところで繋がってるはずなのに
企業社会がなかなか重い腰をあげないから、男性の意識が変わらない。
何も変わらないのに末端の女性はメディアでいくらでも煽られる。
・・・そして解らなくなる。(虐待は絶対だめですよー。)
政府からの呼びかけでどれだけ変わるのか解らないですが
今の日本の最重要課題が経済成長だったりすると
やっぱり現代女性はまたおいてけぼりになるんではないかと危惧しております。
儲かればいいんだろ、って話だけじゃないって。声を大にして言いたい


↓度々参考にさせてもらってる明橋大二先生。
 本当に的を得ている。



↓かっこいいパパバッグ。

 

心から笑う!魔法の言葉「ぷ~!」

教育CM(0) TB(0)

最近映画「THIS IS IT」を見てから頭の中そればっかり
本当にいろんな事を考えさせられる映画でした。
そんな偉大なる功績を残したマイケル・ジャクソンについて
グラミー賞授賞式でマドンナが
追悼のスピーチをしていたのをふと思い出しました。
共通点が多かったとその内容を箇条書き風に。
最後に・・・
違っていたのは私(マドンナ)には幼少期があったけれども
彼(マイケル)にはそれがなかった、と。

(誰もがご存知の通りジャクソン5のリードシンガーとして
 天才チビッコシンガーの金字塔を打ち立てたました。)
同じスーパースターの地位にいて
言いたい事がきっといっぱいあったと思うんですが
その一言に全ての要因を集約させているように感じました。

私の個人的な意見としては
3才前後くらいがやはり一番重要だと思いますし
(種をまく畑の広さを開拓する時期)
10才前後までには将来の基礎ができてしまうと思います。
(どんな種をまくのか決まってしまう時期)
子育てを深く考えるようになってから
このところ自分自身を振り返っては
逃してはいけない時期について意識的になっておりまして
今だったら何ができるか、結構真剣だったりします
そんな中、日常生活ではっと気がつきました。
一緒に目と目を合わせて笑う瞬間
誰式をやろう、とか何をさせようとか、なんて事ないんです。
少しの時間だけでも楽しさを親子で共有する。
そういう時間が少しだけでも毎日あればいい、と思います

口達者になったゆいどんと私もこのところよく口論しますが
気がつけばにこにこして手を繋いでいたりする時
毎度使うとわざとらしくて効果なくなると思いますが
ぴりぴりしている時だからこそ、ひとこと「ぷ~」とおならの音を出してみる。
こういう擬音って子供は大好きだから反応せずにはいられない。
怒っているはずなのについついふふっと噴出してしまうんです。
そんな笑いを堪えて怒っている顔を作っている顔を見てまた楽しくなってくる。
それでいつの間にか一緒に笑ってしまってる。
さっき、なんで怒ってたっけ?って。
今日はもういいけど、明日からはよろしく頼むよ、ってお願いして
(肝心な事はきちんと最後に確認する)
おやつぽりぽり食べてるのがまた楽しい。

それで夕飯が食べれなくなって
何で食べんのじゃ~!!
また怒ってたりするんですけど・・・。


↓言葉のリズム感が楽しい。
 一緒に読んで、一緒に笑う
 貴重な時間を作り出してくれる子供目線で話せるお話。
 読み聞かせの前に、一緒に読み遊びから入るのもいいと思う。




↓笑い袋ってなぜか一緒に笑っちゃう。
 その「ぷー」版みたい。
アイコ おなら袋

アイコ おなら袋

価格:1,071円(税込、送料別)




↓パソコンのテレビ電話スカイプ(skype)で
 笑ってるのを見て笑ってる。のを見てまた笑う。
 笑いの連鎖。こうやってみると世界にはいろんな笑い方があるね。
 

 

大人なサンダル、ビーサンを買った

今日の出来事CM(0) TB(0)

今までの履物類は
全部かかとまでくるむタイプ

↓例えばこんなの


ちゃんと足を保護しながら
歩きやすそう(走りやすそう)で
行動を守ってやれるものを探す


でも、今回買ったのはビーサン
↓ちょっと違うけどこんな感じ



私自身はビーサンはあまり好きでない
親指と人差し指の間が痛いし
かかとがパタパタして歩きにくい。
でもこれがどうしても欲しい、との事でゲット。
この保護されていない大人な感じがいいんですかねー。
かっこいい、かっこいい、とえらく気に入ったようで
みんなに見せびらかしたくてしょうがない様子
今朝もバスを待ってる間恥ずかしがりながらも
突然大きな声で
「ビーチサンダル履いてるひとー!!」
と叫んで仁王立ちになってました。
丁度他で盛り上がっている時で誰も見てくれず
ちょっと寂しそうでしたが
何もしてやれなかった母心が未だうずきます
今度自慢したい時は何か力になってやるぞ。。。
(母も恥ずかしがりやだからどこまでできるか解らんが)

↓何かおもしろい事やってる人たちがいる。
 MEGWINというオリジナル動画作品を配信しているチームだそうです。
 なんか楽しそう!!

 リンク→MEGWIN TV←

 

H18生まれの息子との生活や教育、知育参考サイトのリンク等

電気予報
幼児が遊べる&学べるサイト
幼児が英語で遊べるサイト(国外版)
パパの子育て支援&絵本
動画配信
(無料)
Disney 動画

(有料)
TOEI BB
最新記事
グーバー&ブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
あわせて読みたい
フィードメーター - そのうち、きっと。 あわせて読みたいブログパーツ
ブックマーク
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
6912位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
495位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
メインページ作りました!
ご訪問ありがとうございます。
メインページ →Gucko'sIndexes 情熱ダイナー← もどうぞよろしくお願いします。
ソーシャルブックマーカー
Share |
あとで読む
RSSリンク
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。

記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
クリック募金
プロフィール

Gucko

Author:Gucko
H18年7月生まれの息子ゆいどんと働き盛りの夫と暮らす紫外線が苦手な30代ママです。
詳細は→こちら

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
発言小町
きかんしゃトーマス
楽天
AMAZON
PR
 

Copyright ©そのうち、きっと。. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。