そのうち、きっと。

H18生まれの息子との生活や教育、知育参考サイトのリンク等

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

数字の書き方?

教育CM(0) TB(0)

暑い
・・・時に「暑い」といったら罰金!
みたいな事描いてあった漫画を
昔読んだようなないような
なんとなく思い出しましたが
(ドラえもんだったかな)
とにかく扇風機さまさまの暑い日が続きます。
昨日は冷感マットを冷凍庫に入れといて
寝る直前に敷布団に敷いてみましたが
気持ちよかったのも最初の一時間くらいで
あっという間にまたぬるぬるに戻ってました。
その後はひたすら冷たい単語を唱える。
「スイカ」「アイス」「カキ氷」「南極」「ペンギン」とか
冷たそうなイメージを言っているだけで
涼しくなる気が・・・するようなしないような。
冷やしたら1時間以内に眠るようにしよー。



先日新しく届いたポピーをやっていたら
ゆいどんが自分で日付を書くと言って
数字を書いてくれました

教材

その数字がデジタル表記そのままで超かくかくしている。
間違ってはいないんだけど
「4」とか横棒と縦棒を交差させずに
横棒をはみ出させないように縦棒をがんばって引いておりました。
ぼーっと眺めてましたが
そう言えば「書き方」って結構大切に教わった気がする。
学生の頃出会った外国人もこんな感じで書き方が違ってるのもあって
意味が解ればいい、というか
こういうところも「合理化」のひとつだったりするのかなぁ。
とか思いながら、とりあえず書いたものは否定せずに
よくできました、と褒めてあげました。
私的にあまり大したこだわりはありませんが
ひらがなの練習をする時にでも教えてあげようかと思います


スポンサーサイト

 

今日は借りてきた本を家で読書(3冊/累計24冊)

教育CM(0) TB(0)

昨日逃がしたかまきりは
調べたところによると恐らく
女の子の幼虫っぽかった
生きてる虫しか食べないとの事で
帰り際見つけたゴキブリを入れてみようかと思いましたが
食べなかった時ゴキブリを飼う事になるのに抵抗があり
やっぱり飼えないとあきらめました。

秋になればきっと大きなぶくぶくのたまごを産んで
小さなベイビー達がたくさん孵ってくれるでしょう。
(絶対メスだと決め付けている・・・)

そんな訳で今日の読んだ絵本メモ。

公園の後に図書館へ(7冊/累計21冊)
の続きです。

↓今回ゆいどんが選んだ絵本

◎はしれはしごしゃ [大型本]
間瀬 なおかた (著)
ちょっとした仕掛け絵本になってました。
街や外れの徐々に変わっていく景色を指差しながら読むのも楽しい。
ゴーゴーゴーとリズム良く読み上げて
一緒に盛り上がるはしごしゃの仕事の話。




◎わんぱくだんのガリバーランド [大型本]
ゆきの ゆみこ (著), 上野 与志 (著), 末崎 茂樹 (イラスト)
思わず公共事業を思い出してしまった
仲間とのファンタジックな体験。




◎だいふくもち(こどものとも絵本) [単行本]
田島 征三 (著)
人間の欲について教訓めいた非常に恐ろしいお話でした。
オチに全くフォローがないのがミステリー風。


(3冊/累計24冊)

 

選挙の塗り絵

教育CM(0) TB(0)

先日幼稚園からもらってきた塗り絵。
なんと選挙キャンペーンの絵でした

選挙の塗り絵

みんながもってる四角い紙を箱の中に入れてるんだよ、
と何をしているか一応説明して
「四角い形を見つけて赤い色を塗ってみよ~!
と投票用紙を意識させようとしましたが
ぜーんぜん興味がなかったようでだめでした
それにしてもこういう形で幼児期から
選挙を教えているのはちょっとびっくり。
やることやってんだなーって感心しながらも
せっかくそれを持ち帰ってくれたので
色を塗らせてみましたが
3才児はまだまだなぐりがきみたいなもんです。。。
完成度の高さを求めても空回りするだけの親は
辛抱と忍耐と。楽しむ時間を共有しているという事だけでも
貴重な時間だと思うのかも

そういえば昨日幼稚園からもらってきた
フリーマガジンの表紙の見出しは
「子供の家来になってない?」
というちょっと気になる一言。
口出しし過ぎたり、世話を焼きすぎたりするよりも
その成長過程を一緒に楽しむような
余裕をもつ気持ちが一番大切と言ってるような
まだ全部読んでないですが
毎度何気に結構収穫のある雑誌
これもきっと費用の一部なんだろうし
せっかくだから無駄にしないでちゃんと隅々まで読まねば・・・。
(食べ放題で腹いっぱい食べなきゃ気がすまない心理と似てる


次回はずーっと書きたくて書けないでいる
スカパーの知育番組が成長し続けている件について書きたい
(予定は未定ですみません・・・)
現在視聴している番組のサイトでオススメのページは
右のリンク集でもご紹介しておりますのでご参考までにどうぞ


ママのための子育て情報誌 あんふぁん
ママのためだけじゃなくてママ&パパでもいいと思うぞ。


↓CDも作ってるみたいです。



自作の塗り絵が作れるフリーソフト(フリーなので・・・
ぬり絵君(ベクターへのリンク)



↓ぬり絵君の説明



 

心から笑う!魔法の言葉「ぷ~!」

教育CM(0) TB(0)

最近映画「THIS IS IT」を見てから頭の中そればっかり
本当にいろんな事を考えさせられる映画でした。
そんな偉大なる功績を残したマイケル・ジャクソンについて
グラミー賞授賞式でマドンナが
追悼のスピーチをしていたのをふと思い出しました。
共通点が多かったとその内容を箇条書き風に。
最後に・・・
違っていたのは私(マドンナ)には幼少期があったけれども
彼(マイケル)にはそれがなかった、と。

(誰もがご存知の通りジャクソン5のリードシンガーとして
 天才チビッコシンガーの金字塔を打ち立てたました。)
同じスーパースターの地位にいて
言いたい事がきっといっぱいあったと思うんですが
その一言に全ての要因を集約させているように感じました。

私の個人的な意見としては
3才前後くらいがやはり一番重要だと思いますし
(種をまく畑の広さを開拓する時期)
10才前後までには将来の基礎ができてしまうと思います。
(どんな種をまくのか決まってしまう時期)
子育てを深く考えるようになってから
このところ自分自身を振り返っては
逃してはいけない時期について意識的になっておりまして
今だったら何ができるか、結構真剣だったりします
そんな中、日常生活ではっと気がつきました。
一緒に目と目を合わせて笑う瞬間
誰式をやろう、とか何をさせようとか、なんて事ないんです。
少しの時間だけでも楽しさを親子で共有する。
そういう時間が少しだけでも毎日あればいい、と思います

口達者になったゆいどんと私もこのところよく口論しますが
気がつけばにこにこして手を繋いでいたりする時
毎度使うとわざとらしくて効果なくなると思いますが
ぴりぴりしている時だからこそ、ひとこと「ぷ~」とおならの音を出してみる。
こういう擬音って子供は大好きだから反応せずにはいられない。
怒っているはずなのについついふふっと噴出してしまうんです。
そんな笑いを堪えて怒っている顔を作っている顔を見てまた楽しくなってくる。
それでいつの間にか一緒に笑ってしまってる。
さっき、なんで怒ってたっけ?って。
今日はもういいけど、明日からはよろしく頼むよ、ってお願いして
(肝心な事はきちんと最後に確認する)
おやつぽりぽり食べてるのがまた楽しい。

それで夕飯が食べれなくなって
何で食べんのじゃ~!!
また怒ってたりするんですけど・・・。


↓言葉のリズム感が楽しい。
 一緒に読んで、一緒に笑う
 貴重な時間を作り出してくれる子供目線で話せるお話。
 読み聞かせの前に、一緒に読み遊びから入るのもいいと思う。




↓笑い袋ってなぜか一緒に笑っちゃう。
 その「ぷー」版みたい。
アイコ おなら袋

アイコ おなら袋

価格:1,071円(税込、送料別)




↓パソコンのテレビ電話スカイプ(skype)で
 笑ってるのを見て笑ってる。のを見てまた笑う。
 笑いの連鎖。こうやってみると世界にはいろんな笑い方があるね。
 

 

子供が泣く時

教育CM(0) TB(0)

気が付けば幼稚園が始まって3ヶ月目に入ってました。
入る前のざわついていた気持ちを思い出して
動き出してみるとこんなにすんなりと
日々が過ぎている事に気が付き
改めて実感が込みあがってきます。

そんなゆいどんは幼稚園大好きっ子になってくれて
私としてもこれほど嬉しいものはない。
毎朝送迎バスが来る前に公園で遊ぶのは日課になりそうな勢いです。。。
他のママからは「最初から泣かなかったよねー」とよく言われてますが
思えばこのところあまり無茶な泣き方はしないなぁ。
前はよくだだをこねて「うわー」とわざと大きな声を出して
要求を通そうとしてました。

そんな時私の中でひらめく選択肢は
1)泣くな、と叱る
2)なんで泣くの?と理由を探そうとする
 (そしてできるだけ接点に近いところで解決策をみつける)
3)一緒に泣く

・・・このところのチョイスは3番です。
体のどこかが痛い、みたいな泣き方だったら
ちょっとした動揺が走りますが
そうじゃないな、と感じた時
マネをして一緒に泣くとピタっと泣き止みます。
「どうして泣くの?お母さんは泣かないで!」
と言われるんですが
「ゆいどんが悲しいとお母さんも悲しいに決まってるじゃないか。
 だから泣くんだよー、うわー」と。

で、気が付けば二人でむしゃむしゃとおやつを食べている。
その時はもちろんニコニコです。
ま、お互いに本気で泣いてない
と気が付いているからできるのかもしれないですが
(それくらいの年頃になって判断できる事かなぁ
泣くも笑うも一緒に過ごしてそれを重ねていけば
それが仲良しを続ける秘訣かなーなんて思います。




↓子ども時代の記録や親子の思い出を残すことが
 できる新しいおえかき絵本です。
 ・・・との事。 
 


↓懐かしい!!石嶺聡子さんバージョン!


 

例えばうちの場合3・・・3才まで育てて解った事【幼児教室】

教育CM(0) TB(0)

教育について考えれば考える程
手に取る資料が多ければ多い程
何を今子供の為にしてあげられるだろうと真剣に考える程に
何を信じていいのか解らなくなる時がよくありました
だからこそ自分自身の判断で
しっかりと選ばないといけないなぁなんて思います

2才を超えた頃に幼児教室に通い始めたのは
雑誌とか誰かに触発されて決めたのではなく
退院してしばらくしてから
自分が社会と繋がりをもつきっかけが欲しかったから。
通い始めてから初めてそういった知育について考えるようになり
書店に行ったりネットで見る度に混乱してばかり
だからと言って私のやり方を貫き通す程の自信もない。
とりあえず通っていれば何か得るものはあるはず、
少なくとも自分自身の気持ちが軽くなる、という思いでしたが
幼児教室を終了して今尚思い出されるのは
「体験」が全ての学習になる、という先生の言葉
それを何度も何度も繰り返す事で本当に身につくとおっしゃっていたのが
生活の中で度々脳裏を過ぎります。

自分自身を思い返してもどんなに情報で
いろんな「体験」をした気になっていても
いざその場面に出会うと全くその知識が活かされない事も多々
だけどその知識が少し弾かれるだけで直ぐに繋がるものがある。
「知識」と「体験」のバランスというのは
そういうものなのかなぁと最近思います。
そしてその積み重ねでまた更なる発想に繋がる、と

このところ流行っているのは幼稚園ごっこですが
「お母さん幼稚園」と言っては歌わされたり踊らされたりで
いろいろ振り回されております
だけどそれがまた幼稚園での体験の反復になっているんだと思うと
「面倒臭い!!!」とさじを投げてしまいたくなるのを
ぐっと堪えて幼稚園生になるのを楽しみたいと思っていますが
毎日はやっぱきついよね・・・。たはは



↓「お母さん幼稚園」でカラー帽子を被らされる時に
 被っているペイサーズの帽子。運動会をやらされます。

【送料無料】LOGO ATHLETIC NBA pacers deadstock capLOGO ATHLETIC NBA ペイサーズ デッドスト...


↓はとぽっぽ体操が収録されているCD

幼稚園・保育所向 たのしい幼児体操 ベスト幼稚園・保育所向 たのしい幼児体操 ベスト
(1990/04/21)
幼児用さいとうみはる

商品詳細を見る

 

例えばうちの場合2・・・3才まで育てて解った事【IT教育】

教育CM(0) TB(0)

ママが紫外線NGだった場合
せっかくのお外遊びの機会が減って
ちょっと残念な気持ちがする事も度々。
よその子とは比べちゃいけない
と解ってはいても
親子遠足なんかで外遊びに慣れている子が
元気に走り回っている横で
私の足からべっとりと離れないゆいどんを見てると
どうも申し訳ない気持ちになってくる。

それはまぁ仕方ない。これも運命だ。と開き直ったところで
ゆいどんはアウトドア派かインドア派か、といった場合
完全にアウトドア派にさせてしまっておりますが
今のところパソコンなどのIT関連端末が大好きみたい。
お父さんのiphoneでアプリをダウンロードしてゲームするのも好きだし
パソコン(なぜかゆいどんはパチコンと言う)で
レースゲームするのもお気に入り。
ならば、と取り組んでいるのが幼児が遊べる知育ゲーム。
(→右側の関連サイトリンクを参考まで)

国内サイトで無料で配信しているプリンタブル系の素晴らしいのもあるんですが
私がこのところ唸ったのが海外のPlayhouse Disneyのサイト。
私自身が初めてパソコンの授業を受けたのは
確か基地内のハイスクールで1週間程交換留学した時が最初だと覚えてますが
(黒い画面にアルファベットを打ってドットプリンタで出力しただけ。)
それくらい日本と海外のITへの取り組みは差があると感じてます。
その進歩的な意気込みを感じたのがPlayhouse Disneyの
イマジネーションムーバーズのゲーム。(←リンク)
キーボードやマウスに慣れさせる為に
矢印キーやマウスを操作するゲームはよくみますが
このゲームはあえてアルファベットのキーで操作するようになっている。
ブラインドタッチの基礎固めになっているんじゃないかなぁと思います。
これからタッチパネルが主流になるようだったら
もしかしたらあまり要らない技能かもしれないけど
解ってて損するような事はない。
たぶん探せばもっと奥深い知育ゲームが結構ある気がします。

それとパソコンに慣れさせるのと同時に心配になるのが
ウィルス等のインターネットの弊害。
うちの場合パソコンは「人」に見立てて扱っています。
固まったら乱暴に扱わずちょっと優しく待ってあげて、とか
何度も同じ操作したら(同じアイコンを何度もクリックする)疲れちゃうよとか。
後スパムチェックスキャン起動の際は(無料サイトをよく使うので頻繁にやってます)
風邪をひいてないかみてるところ、と。
(スパムがひっかかったら鼻水だ、と言ってます。)
私自身そう思いながら使ってる事もあるので
自然とそういった言葉が出てきました。

後、テレビもそうですが幼児の内に長時間そればっかりというのは
きっとやっぱり良くない。
私のマネをしたがるので一緒にいる時は
出来る限り自らはパソコンは立ち上げないようにしてますが・・・。
親も欲しい自分の時間。だけど子供はいつでもかまってほしい。
このかわいい時期は今だけしかないんだ、と思うと
泣く泣く電源を落として。。。


↓ボノロンのサイト。
 「すれ違いの言葉」という絵本がなんとなく
 IT教育なのかと思いました。。。違うかも。
読み聞かせサイト ボノロン 


ウォー・ゲーム [DVD]ウォー・ゲーム [DVD]
(2008/09/05)
マシュー・ブロデリックダブニー・コールマン

商品詳細を見る

 

例えばうちの場合1・・・3才まで育てて解った事【テレビの視聴】

教育CM(0) TB(0)

今日の幼稚園の保育参観で
先生のお話をしっかりと聞き
一生懸命歌ったりお遊戯をしているのを見て
何となく育児の一区切りの感覚が
じわじわと湧き上がってきました。
なので、突然ですが
ゆいどんの0才~3才を振り返ってみて
何がどのように作用したのかを
思いつくままに箇条書きにしてみたいと思います。

今回はテレビの視聴について
私自身が相当のテレビっ子なので
子育て中のテレビ視聴制限論については本当に耳の痛いお話で、
どうやってもテレビを見せないという事はできない
と開き直っておりました。
そういう話は聞けば聞く程、読めば読む程不安になってくるものですが
私が一番危惧したのが
「小さい頃からテレビを見ると言葉が遅れる」
という言い伝え(???)。
確かにそれはあったかもしれない。
よその子が「ひこうき」とか「くるま」とか
ちゃんと聞こえる単語を話していたのに比べたら
3才直前まではきれいな単語がなかなか出てきませんでした。
その時点で私的にはテレビのせい、と解っていた気がします。
でもある日突然2~3ヶ月の間にぺらぺらと驚くくらいいろんな言葉をしゃべりだし
今では大人と同等に会話をしてくれます。
(知ってる単語で文章を作って即興の歌もウクレレ片手に演奏してくれます。)

4ヶ月の頃からベイビーアインシュタイン(DVD)を見せていたくらい
テレビ漬けだったゆいどん。
心がけていたのはテレビと二人っきりにしない事
必ず一緒に見て「あれは何?」とか「何とかなんだって」と
会話しながら子供向けの番組だけを見ていました。
(ベイビーアインシュタイン、
 スカパーのベイビーTV
 ディズニーチャンネルのプレイハウスディズニーなど。
 右リンクを参考まで)
それと同じくらい心がけてたのが
本気で話したい時はテレビを介してではなく
直接子供の視線まで腰を下ろして
目と目を合わせて納得がいくまで会話をした事。
時間がない時や2才前後の自我の目覚め期(イヤイヤ期)は仕方ないですが
普段は最初から答え(「ダメ!」とか「コレ!」とか)を与えないで
こちらの一方通行だったとしても「何でだめだろう」と語りかけながら
時間をかけて一緒に考える事を繰り返していた気がします。

今思えば生まれた時からもっと幼稚園について(幼児期の教育について)
心の準備をしておけばよかったのかもしれない、とも思います。
小さい頃はお世話に追われるのが精一杯で
これが一生続くような感覚になっていましたが
今のような集団社会の中で生活させる事を思うと
幼児期は最終的に場をわきまえる、という感覚さえ意識してればいい気がしてます。
何でもかんでも(威圧してでも)大人の話を聞いていればよい子
という訳ではないとも思うので
先生の目を見て話を聞いて
この場は静かに、この場は遊んでいい、と解れば。
どんなにきかん坊でも本当は独創的な遊びを作り出す天才だったり
集中的に何かを成し遂げる天才だったりするのかもしれない。
ゆっくりじっくり子供を見守りながら
親同士で変化を楽しめる子育てをしていければいいなぁと思います。


ベイビー・アインシュタイン お誕生おめでとうセット (せかいのことば &モーツァルト) [DVD]ベイビー・アインシュタイン お誕生おめでとうセット (せかいのことば &モーツァルト) [DVD]
(2006/03/17)
ファミリー

商品詳細を見る



ベイビーアインシュタインのDVD☆ベイビー・アインシュタイン ベイビー・ネプチューン



↓妊娠中にたまたま見てた
 依頼された育児専門家が家庭に入り込んで
 子供を改善する「Supernanny(スーパーナニー)」という番組。
 子供の目線で話す、おしおきは体罰をするのではなくどこかに閉じ込める
 というテクニックはこれで見た印象が強いです。
 以前はlalaTVで吹き替えでやっていたけれども・・・。


 

そろそろワークシートの時期?

教育CM(0) TB(0)

昨日いらっしゃったじいじばあばに見せた
無料ワークシートのサイトでプリントアウトした迷路。
迷路

親の姿見て子は育つといいますが
確実にPCは大好きみたいなゆいどん
(それでもできる限り一緒にいる時は
 PCの電源は落としているつもりなんですが・・・。
 自分からやる、って言うんで電源入れるんです。)
もうそろそろ鉛筆を握って
筆圧に慣れさせる時期かと思い
こちらのサイトを十分に活用させて頂いております。
本当感謝感謝です
↓↓↓↓↓↓↓
子供と一緒に「遊びたい」「学ばせたい」プリントを
「いつでも」「何枚でも」手軽に印刷。無料でダウンロード。
ぴぽっと


幼稚園上がる直前のこの時期
家遊びと言ったら何をさせていいのか正直迷ってしまいます。
勉強を押し付けるつもりはないですが
遊びのつもりでいつの間にか好きになってればいいなぁ
とそんな気持ちです。

↓目を付けている教材。さいころってのがいいらしい。(BY夫

【くもん】ひらがなさいころつみき (4944121544318)★学べる、遊べる公文式教育玩具

 

テレビの悩み相談を見た~泣き崩れんばかりのお母様の悩みとは~

教育CM(0) TB(0)


先日テレビのチャンネルを変えていた時
たまたま出会った番組
お母様と進行役と相談役の3人がその順番に並んでおり
何やら深刻そうにお母様の話に聞き入っておりました。
そのお母様の悩みというのが
 大学にいかない息子がいるが
 かといって働く訳でもなく
 家の中でずっとぐーたらしている。
 私はどうすればいいのか。
 もっと世に出る事を促すべきか
 信じてだまって見守っているべきか、と。

お母様のおろおろと泣き崩れんばかりのその姿に
あっけにとられてしまいしばし私も見入ってしまう事に。
テレビでこれくらい感情を露にして
他人にすがるというのは
相当のご心労なんだろう、というのは察しがつきますが
悩みの内容がイマイチ腑に落ちず
それよりも「あんた大丈夫かよー
みたいな心配をして見ておりました。

結果としてはその専門の相談役によると
一人で抱え込もうとしないで
お母様が旦那さんと相談するなりして
まずは家庭円満を最優先に考えて気を楽にして下さい
みたいな落ち着き方になりました。
やっぱり誰が見てもそう思うはず、と納得しましたが
後の経過報告では
どうやら何も変わらなかったらしく
少しずつがんばります、みたいな感じでしたが
何をがんばるかというと
息子をどうするか一生懸命がんばって考える、との事で。
・・・(言葉を失う)

多分このお母様の人生には子どもしかないんだと思います
映画とかスポーツとか手芸とか
モノだったらどんだけ熱を込めてもいいと思うけど
子どもって生身の人間だから
他人が一生懸命考えたって思う通りになる訳がない。
相談役も何か他にお母様が夢中になれる事を・・・
みたいな助言をしてましたがあまり聞いてない感じでした。
子どもにはその過度な期待、過度な押し付けが苦痛で
それがなければいい方に変わる一歩が踏み出せそうなのに
その一生懸命を更に加速させてまさに悪循環
息子よりもあなたが問題だ、
と気付かせるにはどうすればいいだろう。
番組の進行的にはそこまでケアできるはずもなく
テレビ相談で根本解決するには限界でーす
みたいなお手上げ調なノリでした。



<自己を客観視する練習>
色彩心理自己診断テスト
↑こういうのってどっちに転んでも
 何となく当たってるように感じる文章にできている
 と敬遠しがちだけど
 これはちょっとおもしろかった。直感派。

DAIKOU 電動トレッドミル DK-200DAIKOU 電動トレッドミル DK-200
()
ダイコウ

商品詳細を見る

 

H18生まれの息子との生活や教育、知育参考サイトのリンク等

電気予報
幼児が遊べる&学べるサイト
幼児が英語で遊べるサイト(国外版)
パパの子育て支援&絵本
動画配信
(無料)
Disney 動画

(有料)
TOEI BB
最新記事
グーバー&ブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
あわせて読みたい
フィードメーター - そのうち、きっと。 あわせて読みたいブログパーツ
ブックマーク
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
9310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
608位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
メインページ作りました!
ご訪問ありがとうございます。
メインページ →Gucko'sIndexes 情熱ダイナー← もどうぞよろしくお願いします。
ソーシャルブックマーカー
Share |
あとで読む
RSSリンク
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。

記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
クリック募金
プロフィール

Gucko

Author:Gucko
H18年7月生まれの息子ゆいどんと働き盛りの夫と暮らす紫外線が苦手な30代ママです。
詳細は→こちら

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
発言小町
きかんしゃトーマス
楽天
AMAZON
PR
 

Copyright ©そのうち、きっと。. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。