そのうち、きっと。

H18生まれの息子との生活や教育、知育参考サイトのリンク等

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

【読んだ絵本】だんまりこおろぎ―虫の音がきこえる本 (音のでる絵本)

読んだ絵本CM(0) TB(0)

先週末はいとこが遊びに来まして
公園三昧、アスレチック遊び倒しの連日で
体全身を使ってじゃれあって遊ぶのを眺めておりました

公園で遊ぶ

そしてちらっと上の方に気付いたら
ふっくらと芽吹いた梅のつぼみが
小さくかわいらしく開花進行中。
ドゥーイング、ナウみたいな。思わずぱしゃっと

梅の花


そんな訳で、今回は驚きのアイデア絵本をピックアップ。
はらぺこあおむしでお馴染みのエリック・カール作
だんまりこおろぎ。



いろんな虫に出会ってもなかなかあいさつできない
ちびっここおろぎ。
やっとでできた!と思った時に本当に本の中から音が!
こういうのも3Dっていうのかな。立体的って意味で。
言わないだろうなぁ。。。
電池がなくなったら自分でまねして鳴いてみて、という追記がまた嬉しく思いました。





スポンサーサイト

 

カウントはこのへんで(1冊/累計82冊)

読んだ絵本CM(0) TB(0)

ひらがなを覚えたいゆいどん。
「ま」にてんてんはつくの?とか「い」にてんてんはつくのとか。
濁音になるかどうかですが、お父さんはちゃんと
そんな言葉はない、と教えてくれます
ですが、私といえば
お腹から声を出し絶句するような音で「ま゛」と言ってみたり。
おもしろいとは思うけど、初めて習うひらがなの教育上はどうかと。
なので、その答えはお父さんの方を信用してくれと言ってます
ちなみに最近はなぜか「嘘つきは歯が折れる」と思っているようで
私がそうやってふざけたら「歯が折れるぞ!」と脅されます。
・・・ごめんね。変なかーさんで。


読んだ絵本の続き。
本人が行かなくなってしまったので
今後は印象深かった絵本を詳しく思い出す形にしたいなぁ。
本当は100冊に到達してから振り返りたかった気もしないでもないけど。
そう言えば「数よりも一冊を大事に」という事を最近よく聞きます。
その一冊に巡り会いたいが為
慣れない事をやってみようというきっかけを否定されたら
何も自主的にできなくなってしまう。よね。
その後、その経験をどうしていくか考えるのがまた楽しいと思うのだけど。
「数ある中から自分の一冊をみつけていきたい」
そんな訳で
今回の読んだ絵本(2冊/累計81冊)
の続きです。

-----------------------------------------------------------

◎おやすみ、ぼく [ハードカバー]
アンドリュー ダッド (著), エマ クエイ (イラスト), 落合 恵子 (翻訳)
さるの子を寝かしつけるお話。
自分の体の部分ひとつひとつに感謝の言葉を・・・。



(1冊/累計82冊)

 

今回の読んだ絵本(2冊/累計81冊)

読んだ絵本CM(0) TB(0)

先日「迷惑にならないように
みたいな話をして送った日のこと。
「迷惑すると嫌いなの?」
と尋ねられ、その違いを説明しておりました。
成る程というか、やっぱり子供の指摘というのはどきっとする。
私も失敗ばかりですが、何度も繰り返さないようにしたいなぁ
と思い返す事ばかりです


図書館について来なくなってきて
無理やりというのも嫌なので、気持ちちょっと疲労気味ですが
とりあえず読んだ絵本メモ。
発表会の後・・・(3冊/累計79冊)
の続きです。


-----------------------------------------------------------

◎たいせつなこと (ほんやく絵本) [ハードカバー]
マーガレット・ワイズ ブラウン (著), レナード ワイスガード (イラスト)
Margaret Wise Brown (原著), Leonard Weisgard (原著), うちだ ややこ (翻訳)

挿絵がアート的で画集のようでした。
ひとつひとつのモノの本質を語っていました。




◎急行「北極号」 [大型本]
クリス・ヴァン・オールズバーグ (著),
Chris Van Allsburg (原著), 村上 春樹 (翻訳)

こちらもすごくアート的。
サンタクロースの話で大人と子供の心を対比させてました。




(2冊/累計81冊)

-----------------------------------------------------------

今回はダイナミックな絵と
偶然にも翻訳者が有名人という似たようなチョイスでした。
絵本の厚みが増したように感じました


↓見た事ないけど、バック・トゥ・ザ・フューチャーのロバート・ゼメキス監督作
 急行「北極号」の映画「ポーラエクスプレス」の予告編





 

発表会の後・・・(3冊/累計79冊)

読んだ絵本CM(0) TB(0)

先日は発表会がありまして
元気にたくましく踊ったりセリフを言ったりと
練習通りきちんとできて一安心しました
成長を見守るのは面倒臭いような、照れくさいような
妙な気持ちになるもんですが
真面目過ぎても、いい加減過ぎてもダメだと思うし。。。
治らない病気の事を考えるのと似てて
未来の可能性が解らないからこそ
今できる事に親が自信をもたなきゃいかんなぁ
と、帰り際記念に寄ったしゃぶしゃぶ屋の夕食の席で
ぼーっと考えておりました。

そんな訳で超久しぶりですが読んだ本のメモ。
このところは本気で飽きてきたらしく
なかなか重たい腰をあげてくれなくなりました。
DSがしたいんですって!!!!
(私はもうそろそろ第二章くらいで飽きてきました)
クリスマスが終わってひと段落(4冊/累計76冊)
の続きです。


-----------------------------------


◎でっかい あかい バスが きた (児童図書館・絵本の部屋) [大型本]
ジュディ ハインドリー (著), ウィリアム ベネディクト (イラスト),
Judy Hindley (原著), William Benedict (原著), 久山 太市 (翻訳)
穴にはまって動けなくなったバスのせいで渋滞していたところ
みんなでバスを助けて、渋滞を解消する話。
最後に穴を舗装して完璧!




-----------------------------------

◎どうして? [大型本]
サラ ヴェルロークン (著), Sarah Verroken (原著), 野坂 悦子 (翻訳)
絵が独特でした。モノクロの世界に色がついていきましたが
友達の人形は最後どこにいったのか探してしまいました。




-----------------------------------

◎うえにはなあに したにはなあに [単行本]
ローラ・M・シェーファー (著), バーバラ・バッシュ (著), 木坂 涼 (翻訳)
絵の続きは何があるか?という問いかけで縦にページをめくる。
視線をどんどん上にもってって宇宙までみたら
次は下へ下へ。海底のその下には何があるんだろう?
と読後少し盛り上がりました。




(3冊/累計79冊)

-----------------------------------

図書館に行く前はこの本が読みたいなぁと思っていたりするんですが
探す時にはもう面倒臭くなってるし、別の興味に惹かれたりしてて
いつでも行き当たりばったりな感じです。
でも、一応欲しいものリストとかにメモってるし
紙じゃないから、失くさない安心感があって募るばかりではあるんですが
それでもかさばらないし。ネットって本当に便利だなぁと思います。

↓アマゾンの欲しいものリストでチェックしてます。
 ログインしないと使えない機能なので予め会員登録が必要です。
http://www.amazon.co.jp/







↓(私が)気になるメモ

 

クリスマスが終わってひと段落(4冊/累計76冊)

読んだ絵本CM(0) TB(0)

今年のクリスマスからはゆいどんも大分解ってきてたようで
街のイルミネーション
家のクリスマス飾りにリアクションをしてくれたので嬉しかったです。
サンタの話もようやく通じるようになり
半信半疑で覗いた靴下の中に
プレゼントが入ってるのに気が付いた時は
私もちょっとうるうるしてしまいました。

4才男児の世界を理解する為といいながら
そのプレゼントに一緒にはまってるお母さん。
(同化してきている、とも言う
寝不足はまずいですな。

という事で読んだ絵本メモ。
このところ忙しくてブログの更新もままなりませんが
一応メモだけは残しておかないとすぐに忘れてしまうので・・。
昨日はどんぐり公園に行きました(7冊/累計72冊)
の続きです。

------------------------------------

◎そらいろのたね(こどものとも絵本) [大型本]
なかがわ りえこ (著), おおむら ゆりこ (イラスト)
たくさんの動物や友達と遊べるようになるまで大きく育つ
「家」というファンタジーと
それを独り占めしたい欲に対する戒めへの展開バランスが素晴らしい。





◎ド・レ・ミ わたしの バイオリン (講談社の翻訳絵本) [単行本]
スージー・モーゲンスタン (著), マリー・ドゥ・サール (イラスト), 高田 万由子 (翻訳)
初めて自分から興味を持った楽器に自主的に取り組む話。
うまくいかない事もあるけれど、友達のような存在に気が付けたら
何でも続けていけるものだと、同感する事多々。





◎かかかかか [大型本]
五味 太郎 (著)
「か」という文字を覚えるのに良さそうです。
最初はオチに気が付きませんでしたが
「なるほど!」と思った時はかなりのアハ!体験でした。





◎ぴかくんめをまわす(こどものとも絵本) [単行本]
松居 直 (著), 長 新太 (イラスト)
信号の役割をユーモラスに教えてくれる話。
現実的に考えたら大惨事。。。




(4冊/累計76冊)

------------------------------------

選んでくる絵本の中で以前読んだ事のある「ダブり」もよくありますが
反対に毎度読む機会があっても最後まで読んだ事がない、というのも。
興味は惹かれるんだけど、文字が多くて長くて難しいというところなのか
もう少し大きくなったら読めるようになるのかなぁと思います。




ボーイズトイパーク「仮面ライダーオーズ」



 

昨日はどんぐり公園に行きました(7冊/累計72冊)

読んだ絵本CM(0) TB(0)

めっきり寒くなってきました。
昨日は夕方から公園を散歩してきましたが
吹き付ける風がもう完璧「冬」って感じでした。
ちなみに前にどんぐりを拾った事があるから
勝手にネーミングした「どんぐり公園」
思えばこんな家族だけの合言葉、結構ある気がします

そんな訳で読んだ絵本メモ
レンタルしてきたDVDと借りてきた本(1冊/累計65冊)
の続きです。


------------------------------------
◎どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) [大型本]
ジーン・ジオン (著), マーガレット・ブロイ・グレアム (イラスト), わたなべ しげお (翻訳)
お風呂が嫌いな白に黒のぶちの犬が
汚れて黒に白のぶちの犬になって気付いてもらえなくなるけど
ちゃんときれいになれば元通りになる話。




◎いそがしいぞ はしれはしれ (まっかなちっちゃいきかんしゃのぼうけん) [大型本]
ベネディクト ブラスウェイト (著), Benedict Blathwayt (原著), 青山 南 (翻訳)
きかんしゃの仕組みや仕事を物語で追いながら
隠し絵のような挿絵で2倍楽しめる絵本。




◎貝の子プチキュー (日本傑作絵本シリーズ) [単行本]
茨木 のり子 (著), 山内 ふじ江 (イラスト)
いつの間にか貝の子の一生を読んでた事に気がつき驚いた。
語り口がまったりとしてたので油断してました。





◎オットー―戦火をくぐったテディベア (児童図書館・絵本の部屋) [大型本]
トミー ウンゲラー (著), Tomi Ungerer (原著), 鏡 哲生 (翻訳)
ドイツでの戦争体験と友達との再会を語るくまのぬいぐるみ。
相当衝撃的だったのか何回かせがまれて読みました。





◎きょだいな きょだいな(こどものとも絵本) [単行本]
長谷川 摂子 (著), 降矢 奈々 (イラスト)
いろんな大きなモノで遊ぶ100人の子供達の話。
それ以外にどんなモノで、どんな風に遊べるのか
続きを考えるのが楽しくなりそう。





◎キツネのおとうさんがニッコリわらっていいました (新しいえほん) [大型本]
みやにし たつや (著)
ブタをつかまえようとしてたキツネのお父さんが
思わず手に入れていたものとは。。。





◎あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本) [ハードカバー]
レオ・レオーニ (著), 藤田 圭雄 (翻訳)
擬人化させたいろんな色に身近な生活をさせると親近感が湧く。
それらが混ざると違う色になってまた新たな物語が展開できる。



(7冊/累計72冊)


------------------------------------

◎ティッチ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) [大型本]
パット・ハッチンス (著, イラスト), いしい ももこ (翻訳)
2回目のチョイス。
3人兄弟の末っ子と兄姉との対比で進む話。




ダブりが増えてくると、これ読んだ気がするなぁっていつか迷いそう。
カテゴリの作り方ちょっと考えなくては・・・。

 

レンタルしてきたDVDと借りてきた本(1冊/累計65冊)

読んだ絵本CM(0) TB(0)

今回ゆいどんが選んできた
レンタルDVDは仮面ライダーディケイド7


理解したいなぁと思いながらも私が選んだDVDは
大きな昆虫が暴れまわるパニック映画だったりしてて
隔たりの深さを実感しておりますが
その仮面ライダーも結構的を得た「がつん!」と来るセリフを言ってるもんで
ついつい何の話なんじゃ?と見ようとしてしまいます
でもごつごつメラメラとしたヒーローが出てくるだけで
なぜか気持ちが半減してしまうものもあり
やっぱり悪人の方に気が向いてしまう。
でも最近は本当に仮面ライダーっているのかもしれない
とか思いたい願望もあったりして
ちなみに先日のクリスマス会では
「サンタクロースは先生なんだよ」と言っていたゆいどん。
「何で?」と聞いたら「顔がサンタクロースじゃなかった」との事。
サンタクロースもいい子にして信じてたら
ちゃんとやってくる、と言ってあげたい。

・・・という事で今回の読んだ絵本の記録。
食べられるものが増えてきました(2冊/累計64冊)
の続きです。


------------------------------------
◎サンタクロースのくるひ (日本傑作絵本シリーズ) [ハードカバー]
西巻 茅子
お父さん、お母さんと離れて暮らす女の子が
クリスマスにサンタさんと出会い素敵なプレゼントをもらう。
気持ちのいいドンデン返し。


(1冊/累計65冊)

------------------------------------

東映の動画配信サイト
TOEI TOKUSATSU BB

TOKYO MXの東京ITニュース ハイテクおもちゃ
仮面ライダー変身ベルトのバンダイ のLuminoDisc


 

食べられるものが増えてきました(2冊/累計64冊)

読んだ絵本CM(0) TB(0)

食べられるものが段々増えてきて
この頃嬉しそうなゆいどん
最近私が「かぶ」が好きなのもあって
かぶのシチューとか作ったりしてたんですが
幼稚園で食べられるようになった「大根」が食べたい!との事で
「かぶ」は食べん、と言う。
似たようなものじゃないか、と無理やり納得させて
一口食べさせてみましたが、苦虫を潰したような顔をしておりました。
気に入らなかったのかなぁ、と寂しく思ってたところ
後に帰ってきたお父さんに
自信満々に報告してたのを見てちょっとほっ、と。
こんなパターン最近よくありまして
「柿」もいらんと言いながら
一口食べて満足してました。
「まずくはないが、おいしくもない」
とかね、テレビのマネをして言われるんです・・・

と、いう事で読んだ絵本メモ。
「大きなかぶ」を読んであげたいと思ってたけど
幼稚園で読んでもらった事あるとの事でした。
誕生日に消臭木もらいました(3冊/累計62冊)
の続きです。


-------------------------------------

◎おしっこぼうや―せんそうにおしっこをひっかけたぼうやのはなし [大型本]
ウラジーミル ラドゥンスキー (著), Vladimir Radunsky (原著), 木坂 涼 (翻訳)
しょんべん小僧の銅像の話。由来の奥深さに唸りました。
生理的な欲求っていうのは生きる為の呼吸みたいなもので
そんな当たり前に気がつけば戦争も笑っちゃうくらいばかばかしいもの。




◎やまのくじら [大型本]
竹内 通雅 (著)
絵が素敵だったのに画像がなくて残念。
空飛ぶクジラが山にカラフルな奇跡を起こしました。


(2冊/累計64冊)

-------------------------------------

そう言えば、「やまのくじら」は動物達が山から下りてくる
というところから始まるのだけれども
最近のくま出没のニュースを思い出してしまう。
森林伐採とかが理由だったらタイムリーなエコメッセージ絵本かも。

毎日JP
イノシシ:捕獲急増 クマ出没多発の豊田、既に1686頭 市街地でも被害 /愛知

JAMKitchenさんのくまちゃんコーラ株式会社。なんかおもしろい。

 

誕生日に消臭木もらいました(3冊/累計62冊)

読んだ絵本CM(0) TB(0)

昨日は私の誕生日
後に頭痛がしてくるくらいかなり興奮気味でした。
今年も楽しい年になりますようにっと
みんなで食べたケーキの残りをつまみながら
かちゃかちゃとブログをば・・・。

↓プレゼントでもらった消臭木「ウィルマ」。
 ちなみにとなりにいるのはシリアル君です。
消臭木




先週借りた絵本は7冊でしたが
結局読めたのは4冊。(内、既読1冊)
読めなかったのをまた借りるかなーと思いましたが
それには目もくれず、また違う本を借りてきてました。
まぁ、機会はたくさんあった方が
出会いも多いだろうと。


今回の読んだ絵本の記録。
寒くなってきました。昨日と今日と、最近思い浮かぶ事。(1冊/累計59冊)
の続きです。


---------------------------------------
◎すてきな三にんぐみ [-]
トミー=アンゲラー (著), いまえ よしとも (翻訳)
不遇な子供達をさらってきて、子供達の街を作る。
その街がいつまでも繁栄していく話。






◎みどりいろのバス (ほるぷ海外秀作絵本) [大型本]
ジョン シャロン (著), John Chaloner (原著), こだま ともこ (翻訳)
廃棄処分されたバスが子供達といろんな冒険をする話。
どこまで行っちゃうの?って引き込まれながらも
最後に辿り着いたところにほんわかしました。




◎ゆかいなかえる (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) [単行本]
ジュリエット・キープス (著, イラスト), いしい ももこ (翻訳)
たまごから孵ったおたまじゃくしがかえるになって
いろいろと楽しんでました。ゆかいといえばゆかい。


(3冊/累計62冊)


◎わたしのワンピース [大型本]
にしまき かやこ (著)
二回め。買ってやらねば。
うさぎのワンピースが背景の模様に変化していく話。





 

寒くなってきました。昨日と今日と、最近思い浮かぶ事。(1冊/累計59冊)

読んだ絵本CM(0) TB(0)

今朝から少し冬っぽい空気に変わってきたようです
今日は友人からの嬉しい便りからスタートし
高くなってきた青空の雲に産声を響かせておりました。

昨日のゆいどんはハロウィンの仮装に、と黒いゴミ袋を買ってきて
頭と両手に穴を開けて着せたら「おばけだぞー」と1人で大盛り上がり
こんなもので喜んでくれると本当に助かります。

あと絵本はそろそろ飽きた、との事らしいので
あまりハイペースに読めなくなりそうな気配・・・。
まぁ無理強いもしたくないので
やる気も本気も本人次第、という訳で。

今回の読んだ絵本の記録。
昨日は英語教室の無料体験へ。読んだ絵本メモ(6冊/累計58冊)
の続きです。

---------------------------------------
◎おならうた [大型本]
谷川 俊太郎 (著), 飯野 和好 (イラスト)
おならにもいろんな音があるのに気付きます。
ユーモラスな絵もおもしろかった。



(1冊/累計59冊)

---------------------------------------
●ピックアップ絵本

◎いろ いきてる! (こどものとも絵本) [単行本]
谷川 俊太郎 (著), 元永 定正 (イラスト)


なぜかたまにいろんな水彩画の表現方法を用いた
この絵本の事を思い出して考えます。
なぜ物語にするのか、とか。(←考えすぎ・・・



↓なんかすごいなーって見てしまう。誰でも描けそうな(でも描けない!)大きな絵

 

H18生まれの息子との生活や教育、知育参考サイトのリンク等

電気予報
幼児が遊べる&学べるサイト
幼児が英語で遊べるサイト(国外版)
パパの子育て支援&絵本
動画配信
(無料)
Disney 動画

(有料)
TOEI BB
最新記事
グーバー&ブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
あわせて読みたい
フィードメーター - そのうち、きっと。 あわせて読みたいブログパーツ
ブックマーク
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
2368位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
231位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
メインページ作りました!
ご訪問ありがとうございます。
メインページ →Gucko'sIndexes 情熱ダイナー← もどうぞよろしくお願いします。
ソーシャルブックマーカー
Share |
あとで読む
RSSリンク
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。

記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
クリック募金
プロフィール

Gucko

Author:Gucko
H18年7月生まれの息子ゆいどんと働き盛りの夫と暮らす紫外線が苦手な30代ママです。
詳細は→こちら

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
発言小町
きかんしゃトーマス
楽天
AMAZON
PR
 

Copyright ©そのうち、きっと。. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。